100%増収増益になる型『コアブランド戦略®』

corebrand_midashi1

取り組んだ会社は全て増収増益!?

『取り組んだ会社が100%増収増益?!うそだろ???』

って思うかもしれません。でもこれは本当です。

実際に弊社がクライアント様と『コアブランド戦略® 』に取り組み、増収増益になった事例の一部(拙著、『小さな会社がNo.1になれるコア・ブランド戦略』の紹介文の一部を含む)をご紹介します。

守秘義務がありますのでここで詳しくお伝えすることはできませんが、下記のような成功事例がでました。

  • 改装なしで平均単価も4倍以上!粗利200%以上になったカジュアル・フレンチレストラン
  • 潰れそうだった状態からわずか1年で業界No.1!内部留保●●●●万円以上を貯めた中古本販売店の新サービス
  • 累計60万丁のヒットブランドを育て増収増益になった工具メーカー
  • 180日で地域No.1ブランドになり増収増益を継続し続ける美容室
  • 1年で地域最大の店舗チェーンになり、増収増益を継続中のリラクゼーションサロン
  • 製造小売にチャレンジし、高粗利率販売で年商1億に!世界進出も果たして増収増益を続ける寝具メーカー
  • 取り組んで1年で200%以上増益になったリフォーム会社
  • 6ヶ月で年商2.5倍以上確定!粗利率35%を目指し、30%を達成している工務店

ここに挙げた事例のお店は、大きなマーケティング予算を確保するのが難しい、小さな会社・お店ばかりです。小さな会社でもブランド戦略で儲かる会社になれるのです。

 

小さな会社を№1にするコアブランド戦略®とは?

ブランド戦略は、大企業がやるものだとお考えの中小企業の経営者さまはたくさんいらっしゃるかもしれません。確かに成長時代はそうでした。しかし、成熟時代である現在はそうも言っていられないのが現状なのです。

モノが溢れるようになって、お客様のニーズは、単に「モノ」を買うのではなく、「コト」が欲しいというところにあります。例えば、マイホームを検討している消費者は、『家』という「モノ」を欲しいのではなく、『快適に暮らせる』という「コト」を欲しているのです。ブランディングとは、その「コト」を演出したストーリーが必要で、お客様に共感され、選ばれるブランドを創らなければなりません。

そもそもブランディングとは何?
と、ご質問があったときに、私は、

「○○だったら△△」

というように、消費者の頭の中に旗を立てることだとお伝えしています。

例えば、あなたは、今からラーメンを食べに行くとします。頭の中に、何というラーメン屋が浮かびましたか?

『ラーメンだったら○○』

というのように、どこか特定のラーメン屋さんが浮かんでいるはずです。

そのラーメン屋さんは、あなたの頭の中で、『旗が立っている=ブランドが出来ている状態』といえるでしょう。売り手側の思いに共感、価値を感じて、あなたはこのラーメン屋さんを選んでいるのです。

売り手側の「こう在りたい!こう思われたい!」と、買い手側の「こう思う!こう感じる!」が一致させなければなりません。しかし、このように考え、マーケティング活動全体をブランディングに戦略的に投資するという考え方をしている中小企業はまだ少ないのが現状です。

ですから、市場において取組んだ会社は、競合よりもいち早く消費者の頭の中で旗を立てることに成功し、相当なアドバンテージ(収益性向上)を生むのです。

ブランディングを行い、確立していくとこんなメリットがあります。

  • マーケティングコスト(新規客を獲得するコスト)を削減できる
  • 安売り競争とさよならできる
  • 求人が楽になる
  • 社員・スタッフのモチベーションが上がる

その他、いろいろと効用があるかと思いますが、大まかにはこんなことが挙げられます。

ブランドが確立されていいくと、こちらからアプローチしなくても、お客様がその価値に共感して口コミしてくれるようになるので、集客コストを削減できる上に、利益の確保もできるので、経営が安定します。

また、人材という点では、自分の会社に対して、社員が誇りをもてるようになります。会社全体が活性化し、自らが考えて動くようになります。また、ブランディングできた会社は、「こう在りたい!こう思われたい!」をきちんと伝えることができているので、いい人材が集まるようになり、求人もしやすくなるわけです。特に中小企業には、いい人材が集まりにくいといわれているので、ブランディングは大変有効な手立てとなるのです。

 

小さな会社のブランディングに必要な『コア』

小さな会社がブランド戦略をたてる上で、『コア』という考え方が重要です。詳しくは、本を読んでいただくとして、詳しくはお伝えしませんが、ここでは、コアとは『根源的な価値観』という意味合いで捉えてください。

今まで私たちは、

社会にとってどんな存在だったのか?
どんな価値を提供して来たのか?

更に重要な点は、その根源的な価値観で

『未来にどう在りたいか?』

ということを問う必要性があります。

弊社では、『未来にどう在りたいか?』というエネルギーのことを、「未来のコア」と呼んでいますが、それを自問自答していくことが重要であり、そのエネルギーを利用してブランディングを行なっていかなければ、市場に受け入れられないと考えています。なぜなら、市場はモノが溢れ、消費者は本物のみを承諾する時代になっているからです。

「未来のコア」こそ御社が本物になりうるエネルギー源なのです。

小さな会社においては、良くも悪くも社長のコアが大きく影響します。社長のコアに沿ったブランド戦略が重要なのです。

これこそが、コアをベースにオンリーワンを目指していったら、いつのまにか市場でNo.1になっていたという善循環を生む、小さな会社をNo.1にする『コアブランド戦略®』です。

※コアブランド戦略® は、株式会社ユニークセリング・プロポジションの登録商標です。(登録第5620504号)

 

コアブランド戦略®を最短で行う6つのステップ

ここからは、コアブランド戦略®をどのように進めていくのかをお伝えしていきましょう。
まず、コアブランド戦略®は、『ComputeB® 』という6つのステップによって構築されています。

『ComputeB® 』は、英語の「Compute」(動詞:計算する)と、Brandの「B」をあわせた造語です。コアを元に緻密に計算してブランド構築する戦略のフレームワークを表しています。

computeb

以上の6ステップになります。更に詳しく説明していきましょう。

※『ComputeB® 』は、株式会社ユニークセリング・プロポジションの商標登録です。(登録第5604660号)

ステップ1: Coreを決める

a.現在のコアを知る 「今まで築き上げてきた根源的な価値観は何か?」
b.未来のコアを決める 「その価値観を使って未来にどう在りたいか?」
c.コアテクノロジー、コアプロセスを知っておいてどこを伸ばすか決める 「粗利をもたらす源泉は何か?」
※コアテクノロジー=核となっている技術
※コアプロセス=核となっている手順(工程)

ステップ2: Marketを決める

flagどこに旗を立てるか?山でもなく、小さな丘に立てる
ニッチな業界はどこか?
1年で日本一(地域No.1)の実績を作れる隙間はどこか?
すでに日本一(地域No.1)の実績が眠っていないか?
商圏は広すぎないか?
地域・業界1位になれる丘(範囲)はどこか?
これらを考慮して旗を立てる。
ポイントは既存客を分析し、範囲を絞ること!

ステップ3: Productを用意する

coreコア、コアテクノロジー/プロセスをベースにお客さま目線でメリットを感じさせる商品を選択・開発又は見せ方を改良する。

ステップ4: USPマーケティング®を実践する

商品のUSPを軸にマーケティング活動をする。USP軸の施策事例 ※USPマーケティング®の詳細はこちらをご覧下さい

ステップ5: Try&Errorを繰り返す

なるべく予算をかけずに実践&検証していきます。
step2収益を上げるための最短の階段設計をし、プロモーションツールの制作→実践→改良を繰り返します。

ステップ6: Brandが出来たかを確認する

大手が行うような予算をかけてのリサーチは必要ありません。小さな会社の場合は、以下のような感覚的な捉え方で充分です。

  • ホームページのアクセスログの指名検索度合いが増えたか?
  • お客さまの増加具合が増えたか?
  • 紹介が増えたか?

これらが体感できるようになっていれば、ブランドが出来始めている証拠です。

以上、大まかに6つのステップによってコアブランド戦略®は実施されています。

 

コアブランド戦略®で『誇り』を取り戻す

小さな会社のコアは、社長そのものだとお伝えしました。その外側に社員、更に外側に取引先、お客様があります。コアを中心としたブランドを構築できると自らの会社・商品・サービスに誇りを持てます。その結果、関わる人たち全てを幸せにできるのです。

よくある話ですが、会社・商品・サービスに誇りを持てず、安売り競争に参入しているケースが多々あります。そんな方たちに『誇り』を取り戻してほしいと思います。

コアブランド戦略®は、経済的な成功はもちろんこと、メンタルの成功ももたらします。既に両方を感じている成功企業が数多くあります。

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。