必殺技『USPマーケティング®』

uspmarketing_midashi

USPを定義したのは、数々の歴史に残る広告キャンペーンを成功させたアメリカ広告の巨匠ロッサー・リーブス。彼の経歴はすごい。広告代理店テッドベイツ社の会長で、第38代米国大統領ドワイド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower)の選挙参謀。数々の歴史に残る広告キャンペーンを成功させています。

M&M’sチョコレートのキャッチフレーズ
『お口でとろけて手でとけない』
が日本でもおなじみです。このUSPを効かす事で世界中に広がって行く起爆剤となりました。

彼がまとめた広告の普遍の法則こそUSPであり、その3つの定義は以下の通り。

  1. 広告は、消費者に向けて主張すべき点がなければならない。言葉を並べるだけ、言い広めるだけ、また、ショーウインドー的な広告、このようなことではいけない。読者にこう呼びかけるべきだ。「この製品をお買いなさい。そうすれば、あなたはこんなに良い点を得ることになるはずだ。」
  2. その主張は競合が主張していないものか、それとも主張しようとしても出来ないことでなければならない。
  3. その主張は、パワフルであり、多くの消費者を自社製品のほうへ引きよせるものでなければならない。

 

この3つの定義を満たしたものがUSPです。加藤は、リーブスを尊重し、原書を元に中小企業でも現在のビジネスシーンに活用できるよう日本で初めてUSPの専門書として執筆。パワフルなUSPマーケティング®としてまとめました。そして、ロッサーリーブスの原書『Reality in Advertising』の監訳者でもあります。

usp_books

※USPマーケティング®は、株式会社ユニークセリング・プロポジションの商標登録です。(登録第5441461号)

 

USPマーケティング®で成功した事例

uspmarketing_jirei

このように、チラシやDM、ウェブサイト、看板などあらゆる販促ツールに一貫してUSPを伝えることで、差別化に成功できます。短期的な売上増はもちろんんこと、永続的な収益アップに貢献します。

 

伝説の広告制作技法「USP」をマーケティングに取り入れてみませんか?

たかがキャッチフレーズ。
されどキャッチフレーズ。

言葉はパワフルです。

このように、USPをキャッチフレーズとして伝えることで、御社ならではの価値情報伝達スピードが圧倒的に上がり、更にはあらゆる販促ツールに展開していくことでレバレッジをかけることができます。その結果、経営を圧迫するネガティブな要因(売れない、安売り競争に巻き込まれる)が解決され、善い循環が起こり始めます。そして、継続した収益をもたらすのです。

よい商品、サービスが埋もれていることは社会的にも損失です。本来持っている輝きに気づき、認め、伝えていくことをお手伝いさせていただいています。

ここでお伝えした成功事例の他にも業種規模に関係なく数多くの成功事例があります。

詳細はお問い合わせ下さい。

 

 

uspmarketing_bottun_uspmarketing_bottun_s1