加藤洋一の経営道場

第34回 「誰に・何を・どうやって売る」かを思考する

事業をスタートする際、誰もが真っ先に考えるのは「何を売るか」です。
しかしながら、それだけではビジネスとしては成り立ちません。
「何を売る=商品・サービス」に気を取られすぎるあまり、「誰に、どうやって売る」かがおざなりになっているのです。

特に、既存の事業が行き詰っている場合においては、改めてそれらの点から見つめ直すことはとても重要です。

「何を売る=商品・サービス」だけではなく、「誰に売る=市場・ターゲット」、「どうやって売る=販売方法・チャネル」かはビジネスの鉄則です。

Return Top