加藤洋一の経営道場

第36回 人材難を解消する「誇りの経営術」

「人手が足りない・・・」 「良い人材が育たない・・・」 「社員がスグに辞めてしまう・・・」など、
企業を取り巻く「人」に関する悩みは尽きません。

さらに、人の問題は益々深刻の度合いを増していき、
今後の経営の方向性を左右するほどの事態へと発展する要素となっています。

特に中小・零細企業や不人気産業にとっては、会社の存続に関わるような大きな課題となっており、
早急な対策が必要不可欠です。

そうした状況を打破するために、経営者が今やらねばならないことは何なのか?
それは、社員のやる気や働き甲斐に火を灯す、仕事に対する強い「誇り」を持たせることです。

Return Top